質問したことより、しなかったことに注目すべきだ

民主党の渡辺恒三・国会対策委員長が、26年ぶりに国会で質問しました。きょう(2006年4月20日)の全国紙各紙朝刊は、政治・総合面でこのことを伝えています。

3月に前原誠司代表(当時)に乞われて国対委員長になって以来、マスコミはなにかと渡辺氏を取り上げています。政界のキーパーソンの動きを伝えることは大事なので、渡辺氏に注目すること自体は結構だと思います。

でもきょうの記事を読むと、注目の仕方が違うんじゃない? という気がします。重症、といった感じもあります。

各紙の見出しをみてみましょう。〈渡辺氏 訥々(とつとつ)と26年ぶり質問〉(朝日)、〈26年ぶり25分間の会津弁〉(毎日)、〈26年ぶり 渡辺氏質問〉(読売)と、そろって「26年ぶり」を強調しています。

26年ぶりに何かをしたというのは、一般論としては、ニュース価値が高いといえるでしょう。行方不明者が26年ぶりに洞穴から出てきたとか、元歌手が26年ぶりにステージに立ったなどというのは、なかなかのニュースです。

しかし、衆院議員が26年ぶりに国会で質問したというのは、どうでしょう。新聞が好意的(少なくとも中立的)に報じるようなことでしょうか。26年ぶりに質問したことより、26年間も質問しなかったことに、注目すべきなのではないでしょうか。

なにせ、〈質問に立つのは80年4月の衆院商工委員会以来〉(朝日)だというのです。80年といえば、大平首相が急死し、イラン・イラク戦争が起こり、ジョン・レノンが射殺され、海援隊の「贈る言葉」がヒットした年です。これを読んでいる方のなかには、生まれていなかった人もいるのではないでしょうか。そんなころからずーっと昨日まで、1回も質問しなかったのです。(衆院議員は69年から続けて務めています)

これって、すごいことではないでしょうか。センセイ、あなた一体どういう考えで26年間も国会にじっと座っていたの? と聞きたくなります。(途中、通産大臣や副議長を務めた時期もありましたが)

それなのに、この日の新聞が書いていることときたら、〈情に訴えるには最も効果的とも言える格差問題を訥々とした会津弁で突いた〉(朝日)、〈「あなたが首相になってカネもモノも東京に集中し、地方が切り捨てられている」と、おなじみの会津弁で訴えた〉(毎日)、〈小泉首相とのユーモラスなやりとりには、与野党委員から笑い声も上がった〉(読売)という説明と、あまり中身のない質問についてばかり。四半世紀も質問を発しなかったことを批判的にとらえている記述は、まったくありません。何を考えて記事を書いているのかと、憤りさえ覚えます。

もちろん、議員の仕事は質問だけではないでしょう。人目につかないところで政治力を発揮し、物事をごにょごにょとまとめるのが議員の役割だ、なんて考えもあるかと思います。でも質問だって、いや質問こそ、議員本来の大切な仕事のはずです。国民の代表として国会で議論を闘わせてこその国会議員ではないでしょうか。少なくとも新聞は、そうした考えをもつべきです。

何年、何十年と質問していない議員なんてごろごろいるんだから、そんなことを問題視していたら大変なことになる。それに、若手議員に質問の機会を与えることもベテラン議員の役割なんだから、質問に立たないからといって責めることはできない。そんな、もの分かりのいい認識が、政治記者にはあるのかもしれません。

でも、長年質問をしていない議員に対しては、へんな理解を示すのではなく、全員ちゃんと批判してあげるべきです。また、質問になかなか立てない原因が政党や国会運営の仕組みにあるのなら、その点をきちんと指摘すべきです。政治のしきたりをそのまま受け入れることは、新聞の仕事ではありません。

日本を代表する新聞が、そろいもそろって「26年ぶりに質問」とのほほんと報じ、会津弁や会津の話題にニュース性を見いだすなんて、とても心配になってきます。新聞は、ちゃんと考えて仕事をすべきです。
[PR]
# by tmreij | 2006-04-21 01:14 | 本紙

イクラぐらいの健康被害がある(あり得る)のか

賞味期限が切れているのに、切れていないかのようにして冷凍イクラを売ったとされる会社が、農林水産省から厳重注意を受けました。きょう(2006年4月19日)の全国紙各紙朝刊は、この話題を社会面で記事にしています。

各紙によると、この会社は、「ヤマト運輸」とインターネット販売業「アセットアルカディア」。2社は、〈ラベルを張り替え、賞味期限を最大5カ月超えた食品〉を、〈40都道府県の顧客に264個を販売した〉(ともに毎日)とされています。

食品を販売する会社が賞味期限を偽って冷凍イクラを販売するのは、マンションを販売する会社が耐震強度を偽って家を販売するのと、根っこではあまり変わらないように思うのですが、この日は各紙とも2、3段見出しで、扱いとしては、耐震強度偽装よりはだいぶ地味です。

それはおそらく、改ざん行為の影響を考えてのことでしょう。マンションの耐震強度を改ざんした場合、地震による倒壊などで多数の死者が出る可能性があります。入居者は、引っ越さなければならず、経済的負担も大変です。

一方、賞味期限の改ざんの場合は、多数の死者が出る可能性は……あれれ、ゼロとはいえないんじゃないでしょうか。食中毒だって、命取りになることはあるはずです。重い食あたりなどで入院が必要になれば、仕事を休まねばならず、経済的負担も大変でしょう。

「厳重注意」という農水省のぬる過ぎる対応に引っぱられると、なんとなく軽微な問題のように思えますが、実は結構ひどい事案のような気がします。口から取り入れるものについて情報が「偽装」され、それによって健康被害が出たかもしれないわけですから、深刻な問題であってもいいように思います。

ところが、各紙の記事からは、その深刻さがちっとも伝わってきません。その原因は、見出しに迫力がないからではなく、買った人にどんな影響があるのかという記述が、まったくといっていいほどないからだと思います。

朝日、読売の記事に出てくる主語は、農水省や会社ばかり。客、購入者、消費者の立場で今回の事案をみるという態度が、まったく感じられません。毎日だけがわずかに、〈健康被害は確認されていない〉という2行を入れ、体への影響について触れています。

健康被害が確認されていないのであれば、人体への影響など書くに値しない、という見解もあるかもしれません。しかしそれは、かなり役所的、記者クラブ的な発想に引きずられた考えではないでしょうか。もし今回の冷凍イクラを買って食べていたら、どんな被害があり得た(あり得る)のかというのは、読者にとっては関心が高いように思います。読者は、農水省の役人やヤマト運輸の関係者にはなり得ませんが、冷凍イクラの消費者にはなり得るのです。

新聞は、「死者が出ていないから、この交通事故は記事にしなくていい(または大きく報じなくていい)」的な発想で、記事の扱いや書き込み具合を判断するのではなく、その事案が読者に及ぼし得る影響を、読者の立場でよく考えて、記事を書くべきだと思います。

 ———

読売の見出し〈賞味期限張り替え イクラ何でもひどい〉は、なかなか秀逸だと思います。いかにも問題を軽視している雰囲気も伝わってきますが。
[PR]
# by tmreij | 2006-04-20 00:37 | 本紙

「くだらない質問をするな」と言われて、それでいいの?

石原慎太郎・東京都知事が、特攻隊を題材とした映画の制作総指揮と脚本をするようです。きょう(2006年4月17日)の朝日新聞夕刊は、今月初めにあった制作発表会見の様子を、芸能欄で伝えています。

芸能欄の記事ですので、さらりと読み流すべきなのかもしれません。しかし、それにしてもあんまりではないかと、読んでいてちょっと腹が立ってきます。

理由その1。知事をやりながら映画の制作総指揮と脚本を担当するなんて、公務に影響は出ないのか。そういう疑問に答える記述が、まったくありません。

記者はこの点について、まったく疑問に思わなかったのでしょうか。石原氏は、地方公務員(特別職)でありながら、平日でも登庁せずに、雑誌や新聞、本などの原稿を書くなどしていることで知られています。そうした勤務ぶりに、記者のほうが慣れてしまい、問題意識が無くなってしまっているのでしょうか。

理由その2。〈石原知事は「監督から過激な発言はするな、と言われて自重している」と言いつつ、「最近の若い俳優は知らない。みんな同じに見える」と出演者を苦笑させたり、「くだらない質問をするな」と記者をしかったり〉という記述が出てくるのですが、いったいこれは、どんなつもりで書いているのでしょうか。

記者会見や取材の場では、聞いていてたしかに「くだらない質問だなあ」と感じさせる問いはあると思います。でも、石原氏のような地方公務員(特別職)に〈「くだらない質問をするな」〉と言わせるのは、よくありません。

そうやって、公務員や政治家たちが、何がくだらない質問で何がくだらなくない質問なのかを自分たちで選別し出すことは、とても危険です。都合のいいことだけ言い、しゃべりたくないことは〈「くだらない質問をするな」〉で済まそうとします。言論の自由と情報公開を推し進めるには、「くだらない質問」にも寛容であることが大事なはずです。

公務員としてではなく、私人として映画に携わるのから、〈「くだらない質問をするな」〉と言ったって問題はない、という考えもあるかもしれません。しかし、首相の発言がほぼ四六時中、公人の発言であるのと同様、東京都知事のような要職に就いている人の発言も、常に公人の発言ととらえるべきだと思います。今回の記事だって、「作家の石原慎太郎氏が制作総指揮と脚本を担当する……」などとは書かず、〈石原慎太郎・東京都知事が制作総指揮と脚本を担当する……〉と書いています。

今回の記事は、〈「くだらない質問をするな」と記者をしかったり〉した場面をあえて紹介することで、石原氏への批判の意味を込めたのかもしれません。芸能欄ですし、短い記事ですので、それぐらいが精いっぱいなのかもしれません。

ただ、石原氏に言わせっぱなしなのは、やっぱり気になります。公務への影響を検証するとともに、〈「くだらない質問をするな」〉発言の「落とし前」を、新聞はどこかできっちりつけるべきだと思います。石原氏は地方公務員(特別職)兼作家兼映画脚本家なんですから、芸能欄でやったっていいと思うのですが。
[PR]
# by tmreij | 2006-04-17 23:30 | 本紙