警察の「お手上げ」宣言に、ひと言もなし?

東京・世田谷の会社員一家殺害事件の発生から5年になるのを目前に、警視庁成城署が犯人に向けて、出頭するようを呼びかけました。きょう(2005年12月12日)の朝日新聞夕刊は、この「呼びかけ」を写真入りで社会面で報じています。

事件は、親子4人が惨殺されたとても痛ましいものです。凶器や衣服など、犯人の遺留品は多かったようですが、具体的な容疑者は浮上していません。

こうした状況では、新聞は警察を応援こそすれ批判すべきではない、という考え方もあるでしょう。犯人逮捕が最優先なんだから、警察がすることを温かく見守るべきだといった発想です。

そうした考え方も、わかるような気がします。犯人逮捕を望まない人は、あまりいないでしょうし、大多数の警察官は懸命に捜査を続けていることと思います。

ただ、チェック機関としての新聞はやはり、強大な権限と多額の税金を使っている組織や人々に対しては、「絶えず」厳しい目を注ぐ必要があるように思います。そして、行動や言動に問題があればあるほど、しっかりとした批判をすることが使命のはずです。

その意味では、きょうの朝日は、新聞の役割を果たし切れていないように思います。

記事は、〈捜査幹部や地元住民ら530人が集まった中、捜査本部に加わる成城署刑事組織犯罪対策課の田頭エミ巡査部長がメッセージを呼びかけた〉と集会の様子を報告。〈「死にたくない、と必死に抵抗した4人の姿を覚えていますか。闇の中で満足なのか、一家を殺害してまで果たそうとした思いは何だったのか、答えを待っています」〉と、メッセージの内容を紹介しています。

胸に迫ってきそうな言葉です。涙とともに受け止めた人もいたかもしれません。

しかし、遺族や近所の人々が言うのならいいのですが、警察が〈「答えを待っています」〉は、さすがに無いんじゃないでしょうか。

これは、犯人に自首してくださいとお願いしているのと同じです。捜査が行き詰まり、容疑者にたどり着けない状況で、捜査員がそういう気持ちになるのは理解できます。でもそれは、マスコミが取り囲む中で、マイクを使ってはきはきと表明するようなことでしょうか(もちろん、問題視されるべきは呼びかけ人となった巡査部長ではなく警察組織です)。時効まで10年を残して、「お手上げです、だから出てきて」と言うのは、正直かもしれませんが、治安を守る警察としては、取るべき態度なのでしょうか。

また、これで犯人が本当に自主してくるとは、さすがに警察も思ってはいないはずです。であれば、今回の呼びかけは、いったい誰に向け、どういう目的でしたものなのかという疑問もわいてきます。

きょうの朝日の記事には、この警察の「ギブアップ宣言」を、ちゃんと批判的にとらえる視点がありません。警察記事にも、捜査に協力的だったり、警察に同情的だったりする記述があってもいいとは思います。ただ、警察の〈「答えを待っています」〉という、ひざががっくりと折れるようなメッセージを耳にしながら、それをただ活字にするだけでスルーしてしまうのは、新聞としては責任を果たしていないように思います。

 ———

読売夕刊も社会面で、簡単にこの「呼びかけ」を取り上げていますが、朝日と同じく、批判的な見方はありません。
[PR]
# by tmreij | 2005-12-12 23:54 | 本紙

イラクにいる自衛隊がさっぱり見えない

自衛隊のイラク派遣期間を1年間延長することが決まりました。きょう(2005年12月9日)の全国紙朝刊は、1面と総合面、社会面などで、このニュースを大きく伝えています。

イラク派遣をめぐっては、朝日が〈派遣に反対した私たちの基本的な立場は変わらない〉(社説)と訴え、読売は〈幅広い視野からみて、派遣は正しい判断だったと思う〉(解説面)と書くなど、新聞によって評価は大きく違っています。

一方で、共通点もあります。どの新聞にも、現場からの報告がない点です。

自衛隊がどんな状況に置かれ、何をし、何ができず、地元住民らからはどのように評価されているのか。そういった点が見えてこないため、今回の派遣延長の決定をどう考えてよいのか、よくわからない読者が多いのではないでしょうか。

唯一、毎日が国際面で、〈市民の評価二分 サマワ 復興遅れに不満も〉という見出しを掲げ、サマワの市民3人の声を伝えています。ただこれも、カイロにいる記者が電話で取材したもので、記者の五感で現地の空気を伝えたものとはいえません。

朝日と読売は、イラク派遣から戻った自衛隊員に現地の様子などを語らせています。しかし、客観的な現地報告とは、やはり違います。

政府が重要な決定をしたのに、チェック機関である新聞各社が、さっぱりチェックすることができていないのです。新聞がこうなのですから、読者はますます、派遣延長を批判的にみることができず、政府発表をだまって受け止めるような事態になってしまっているように思います。

危険だからというのが、各社が現地に記者を送り込まない理由でしょう。しかし、きょうの東京新聞がイラク北部で取材するジャーナリストの話を掲載していることからもわかるように、イラクで取材をしている人はいます。たとえサマワに入れないとしても、カイロやアンマンから記事を発信するよりは、イラク国内で取材した方がより臨場感のある記事になるはずです。ずっと駐在するのは難しくても、タイミングを見計らって短期取材をするという方法もあるでしょう。

いまのままでは、新聞が自衛隊派遣を検証する役割を果たしているとはいえません。読者としては、的確な情報を得られず、いわば「暗闇」にいるようなものです。自衛隊のことに限らず、よく言えば大胆、悪く言えば乱暴な政策というのは、こういう状態のときにダダダと推し進められてしまうものかも、と感じています。
[PR]
# by tmreij | 2005-12-09 19:17 | 本紙

「大連立」の誘いについて、ちゃんと説明させよ

小泉首相が、民主党の前原誠司代表に、連立政権を組もうと呼びかけていたようです。きょう(2005年12月8日)の毎日新聞夕刊は、〈「民主に大連立打診」報道 前原氏「関知していない」〉という見出しで、次のように伝えています(19行しかないので全文を引用します)。

〈訪米中の民主党の前原誠司代表は7日午前(日本時間8日未明)、「小泉純一郎首相が9月下旬、側近を通じて前原氏に自民、民主両党の『大連立』を打診し、前原氏が断った」という共同通信の報道について「それについては関知していない。連立の可能性は99.99%ない。我々は選挙によって政権交代を実現したいという考えにまったく変わりはない」と語った。ワシントン市内で記者団の質問に答えた。前原氏が明確に否定しなかったことに関心が集まっている〉

これを読んでわからないのは、結局、小泉氏から前原氏に誘いはあったのか、それともなかったのか、という点です。

自民党と民主党の「大連立」なんて、びっくりたまげるような話です。そんな話を、首相が持ち出していたのかどうかという事実関係は、読者としては大いに気になるところです。

〈前原氏が明確に否定しなかった〉なんてまわりくどい表現はありますが、こんな言い方などせず、打診について「認めた」または「否定した」とすっきり書くべきです。

そう書いていないのは、事実関係についてしっかりと質問していないからかもしれません。もしそうであれば、記者の怠慢もいいところです。〈ワシントン市内で記者団の質問に答えた〉と書いていますから、前原氏に直接説明を求める機会はあったはずです。それなのに、〈明確に否定しなかった〉といった程度の報告しかできないなんて、記者としての仕事をしていないと言っているようなものです。

おそらく、前原氏にとっては触れたくない話題であり、それゆえに言葉を濁していることが推測できます。しかし、そうした話題だからこそ、きちんと語らせるのが記者の仕事のはずです。だいたい、前原氏は最大野党の党首なんですから、説明責任は大きいはずです。新聞は断固として、明確な答えを求めるべきなのです。

当事者の一方に直接質問する機会がありながら、打診の有無さえ確認しない(できない)なんて、新聞は何をやっているんだという批判を浴びても仕方ないと思います。

 ———

読売の夕刊は、関係者の話をもとに、打診はあったと断定。〈小泉首相が先の衆院選直後の9月下旬、民主党の前原代表に対し、連立政権構想を打診していたことが8日、明らかになった〉と報じています。

ただ、前原氏の反応については、〈記者団に対し、「自民党との連立の可能性は99.99%ないし、選挙によって政権交代を実現したいという考えに全く変わりはない」と述べた〉と書くだけ。毎日と同じく、打診の有無について、前原氏の口からは語らせていません。

一方、小泉氏側の反応がどこにも載っていないのも気になります。これについても、新聞は怠慢だとのそしりは避けられないと思います。
[PR]
# by tmreij | 2005-12-08 23:59 | 本紙