誤発注に乗じたのか、不作為だったのか

みずほ証券が株を誤発注し、それを他の証券会社が大量に買って大きな利益を得ました。きょう(2005年12月15日)の全国紙朝刊は、複数の証券会社がその利益の返還を検討していると、1面や経済面などで報じています。

この騒動をめぐっては、朝日が書いているとおり、与謝野経済財政・金融担当相が〈「誤発注と認識しながら、その間隙をぬって株を取得するというのは美しい話ではない」〉と、利益を得た証券会社を非難しています。一国会議員ではなく所管の大臣がこう言っているわけですから、政府としてそう認識しているわけです。

これはかなり強烈なことです。一国の政府が大手証券会社に向かって、「美しい話ではない=汚い」ことをしていると非難しているわけで、そうそうあることではありません。後ろ指を指された企業は、信用を大きく損ないますし、もし批判が不当であれば、名誉棄損で国を訴えることも辞さないでしょう。

そんな注目すべきクレームなのに、どの新聞も、果たして証券会社が〈「誤発注と認識しながら、その間隙をぬって株を取得」〉したのかどうかについては、さほど熱心には掘り下げていません。

今回の株取引や利益返還に関する証券会社側のコメントをきょうの新聞で探してみると——▽リーマン・ブラザーズ証券〈「単純なミスに乗じて、利益を得るべきではないと考えている」〉(朝日)、〈「誤発注に乗じて利益を得るのは本意ではない」〉(読売)▽日興コーディアルグループ〈「当社の利益にするつもりはなく、市場の信頼回復に役立たせたい」〉(朝日)——ぐらいしか見当たりません。

これから判断すると、リーマンは誤発注に乗じたらしいことはわかります。しかし、日興コーディアルを含め、他に大量取得した社(UBS証券グループ、モルガン・スタンレー、クレディ・スイス、野村証券)については、自民党が〈「火事場泥棒」〉(毎日、読売)と呼ぶようなことをしたのかどうなのか、不明です。

朝日は、〈「急激な売り注文が出た銘柄などを自動検知するシステムがあり、ディーラーは誤発注の事情を知らないで買い注文を出した」〉という企業側のコメントを載せていますが、誰が言ったのかについては〈金融機関〉とぼかしています。これでは、責任あるコメントとは言えませんし、どこの社の発言なのかがわからなければ、あまり読者のためになる情報とも言えないでしょう。

今回の誤発注に端を発した株の大量取得と、その後の現金決済による大もうけについては、多くの人々が「証券会社ってヒドくない?」という感想をもっているように思います。違法行為ではありませんし、ミスをしたのはみずほ証券や東京証券取引所ですから、そちらの責任や対応を報じるのはもちろん大事でしょう。しかし、ボロ儲けした大手証券会社がどんなつもりで商売しているのかということも、読者にとっては重要な情報のはずで、新聞はそこもしっかり伝えてほしいと思います。
[PR]
# by tmreij | 2005-12-15 23:39 | 本紙

製薬会社の宣伝部隊か

飲む発毛薬「プロペシア」が、日本で発売されることになりました。きょう(2005年12月14日)の全国紙朝刊は、目立つ扱いでこれを報じています。

なんでも、発毛剤としては世界で唯一の飲み薬(医療用医薬品)とのこと。朝日の経済面記事によると、万有製薬(発売元)は〈「(薄毛と思っている日本人男性は)欧米に比べ非常に多く、日本の市場は世界最大では」〉と話しているそうです。こうしたことから、今回の発売を新聞がニュースとして取り上げること自体は、自然なことだと思います。

問題は、その報じ方です。

読売の社会面記事〈世界唯一 飲む発毛剤 きょう発売〉〈毎日1錠 月7500円〉は、〈脱毛を促す男性ホルモンをつくる酵素の働きを防ぐ〉〈世界60カ国以上で年間約300億円の販売実績がある〉〈1錠250円(参考価格)で、毎日1錠ずつ服用〉といったデータを列挙。〈発表会では、国内の男性を対象に臨床試験を行った東京女子医大の川島真教授が「副作用も少なく、58%の患者の髪の毛が増えるなど、効果が確認された」と報告した〉という文章で結んでいます。

社会面記事なのに、社会的な位置づけや、批判精神といったものはまったく見当たりません。もう、ほとんど広告です。

新聞に、新発売の医薬品について紹介する記事があってもいいでしょう。しかし、製薬会社の発表をただまとめるだけでは、新聞として機能しているとは言えません(製薬会社は大喜びでしょうけど)。読者にしてみれば、それでなくても多くの広告を見せつけられているのに、記事の部分でまたさらに宣伝を読まされるようなものです。

副作用の無い薬は無いといわれていますが、この読売の記事で副作用について触れているのは、上記の〈「副作用も少なく……」〉というコメントだけ。しかも、記事から判断すると、このコメントをした医大教授は、製薬会社から依頼を受けた人物のようなのです。信用度に問題ありといえるでしょうが、百歩譲って、この教授の言うことを額面どおりに受け止めたとしても、副作用は少ないながらもあるわけですから、その副作用についてしっかり取材し、きっちり書くのが読者サービスというものでしょう。

その点、朝日の記事は、〈1年間の臨床試験で58%の被験者で髪の毛が増えた一方、性機能障害などの副作用が5%の人に出た〉と、わずかではありますが、副作用について具体的に触れています。医薬品の紹介記事では、欠かせないデータでしょう。また、記事全体としても、単に商品を紹介するのではなく、「リアップ」以降は苦戦しているという発毛剤業界の現状とからめてまとめている点で、評価できます。

読売は、製薬会社を喜ばせようと思って今回の記事を書いたわけではないでしょう。もちろん、そんな気づかいはすべきではありませんが、有益な情報で読者を喜ばせようという意識は、ぜひとももってもらいたいと思います。
[PR]
# by tmreij | 2005-12-14 22:53 | 本紙

「手術ミス」と断定する根拠を示すべきだ

東京女子医大病院で心臓手術を受けた小学生が死亡し、医師が業務上過失致死罪に問われた裁判で、一審の無罪判決を不服として、検察が控訴しました。きょう(2005年12月13日)の朝日新聞朝刊は第3社会面で、〈心臓手術ミス事件 東京地検が控訴〉という見出しで、ごく簡単にこのことを伝えています。

この日の記事もそうなのですが、一審の東京地裁判決を報じた記事(12月1日付朝刊)でも、朝日は他の全国紙とは違う点があります。それは、小学生の死亡を〈手術ミス〉と位置づけていることです。

きょうの記事は、〈東京女子医科大病院の心臓手術ミス事件で……〉と始まっていますし、1日の記事の書き出しも、〈東京女子医科大病院(東京都新宿区)で群馬県高崎市の小学6年、平柳明香さん(当時12)が心臓手術のミスで死亡した事故で……〉となっています。小学生が死亡したのは手術ミスが原因だったと、断定しているわけです。

実際、医療過誤(ミス)は全国でしょっちゅう起きています。手術で子どもが死ぬこともありますし、子を失った両親のやり切れ無い思いや憤りは、とてつもなく大きいでしょう。一般市民に比べ圧倒的な専門知識をもつ大病院の医師は、患者(の親族)から見れば「権威」で「強者」です。また、情報開示については、医療機関は一般的に遅れているといえるでしょう。

こうした状況を考えれば、新聞が遺族側に立ち、医師がミスをしたと断じたくなる気持ちは理解できます。

しかし一審判決は、人口心肺装置に欠陥があり、それが死亡につながったと認定しましたが、医師に落ち度があったとは結論づけませんでした。この判決から判断すれば、〈手術ミス〉で小学生が死亡したという朝日の断定は、行き過ぎと言わざるを得ないように思います。

ちなみに、他紙のきょうの記事には、朝日のような位置づけは見当たりません。毎日は〈東京女子医大病院で01年、群馬県高崎市の小学6年生、平柳明香さん(当時12歳)が心臓手術の際に死亡し、同病院元助手の佐藤一樹被告(42)が業務上過失致死罪に問われた事故で……〉、読売は〈東京女子医大病院で2001年、心臓手術を受けた平柳明香さん(当時12歳)が死亡した事件で……〉と始まっていて、ともに「ミス」だったとは決めつけていません。このことは、1日の判決記事でも同じです。

朝日は、確固とした理由があって、〈手術ミス〉という言葉を繰り返しているのかもしれません。それならそれでよいのですが、その場合は、読者にきちんと理由を説明すべきです。

もし、心情的な理由で〈手術ミス〉とし続けているのであれば、やはり問題だと思います。被害者、弱者といった立場の人々の気持ちをおもんばかることは新聞として大事ですが、それよりもさらに、事実に忠実であることの方が大切なはずです。

今回の小学生の死亡については、当事者間の説明に食い違いがあるため、裁判で事実認定されたことを事実とみなすしかありません。そして、事実の前では、必要であれば心を鬼にしてでも、その事実に基づいて記事を書くべきです。

仮に朝日が、裁判で認定されたこと以外のことを事実とみていて、それゆえ〈手術ミス〉と書き続けているのであれば、その内容と根拠をはっきりと読者に示す必要があります。
[PR]
# by tmreij | 2005-12-13 23:57 | 本紙