<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日銀総裁は、福井氏でなくてもいいのか

村上ファンドに投資し、利益をあげていた福井俊彦・日銀総裁に対する批判が続いています。きょう(2006年6月27日)の朝日新聞朝刊は、同紙の世論調査の結果とからめ、1面と3面、経済面で記事を展開。実質的に総裁辞任を迫っています。

世論調査では、有効回答があった有権者1965人のうち、〈総裁を「辞めるべきだ」と答えた人は67%に上り、「辞める必要はない」の25%を大きく上回った。日銀の金融政策への信頼が「傷ついた」と思う人も70%に達し、「そう思わない」は25%〉とのこと。そうした結果から朝日は、〈中央銀行の信頼回復ができないなら、福井総裁は自らの地位にも固執すべきではない〉と主張しています。

こういう記事があってもいいと思います。ただ、今回の福井氏をめぐる報道では、新聞は全体として「市民感情」に大きく寄りかかった記事を量産し、読者が落ち着いて考えるための手助けにはあまりなっていないように感じています。

そう感じる大きな理由は、新聞を読んでいても、福井氏がどれだけ重要な(または重要ではない)人なのかがよくわからないからです。

これまでの報道は、福井氏が優秀な日銀マンであることを伝えています。きょうの朝日も、〈若くして日銀内でプリンス(総裁候補)と呼ばれた〉と略歴を紹介しています。また、他紙を含め、福井氏と同等の力量をもつ後任の総裁候補が見当たらない、といったことも報じています。

ということは、福井氏が辞めると日本の経済に多大な悪影響が及ぶということなのでしょうか。であれば、感情としては「辞任すべきだ」という立場の人も、「うーん、面白くはないが、総裁の仕事を続けさせよう」という考えに変わるかもしれません。

ただ、福井氏がかけがえのない人物であるようなことを書きながら、一方できょうの朝日のように、〈「政策判断は福井氏を含む日銀政策委員会のメンバー9人の合議制で決まる」(日銀幹部)との理由から、(日銀は今回の問題が今後の金融政策に与える)影響は最小限に抑えられる、との立場だ〉などと、福井氏の影響力を小さく見積もる声を伝える記事も少なくありません。

で、本当のところはどうなんでしょうか。総裁は福井氏でないと大変なことになるんでしょうか。それとも、他の人になってもそんなに変わらないのでしょうか。

それこそ、新聞がしっかりと分析し、読者に提供すべき大事な情報ではないでしょうか。

日銀総裁が投資で1473万円の利益を得ていたことに対し、多くの国民が強い怒りを感じ、「辞めろ」と主張するのは当然です。でも、「辞めろ」と言う人のなかには、「ところで本当に辞めちゃったら大丈夫なんだろうか」と不安に思っている人は少なくないように思います。

そういう人が確信をもって心底「辞めろ」と言えるような、または、「続投やむなし」などと考えを変えられるような、そんな役立つ記事を、新聞はもっと書くべきだと思います。
[PR]
by tmreij | 2006-06-27 23:25 | 本紙

ジーコ監督のテレビ批判もちゃんと伝えるべきだ

サッカーのワールドカップで、日本とクロアチアが引き分けました。きょう(2006年6月19日)の朝日新聞朝刊は、1面とスポーツ面、社会面で大きくこの試合について報じています。

〈過酷な暑さ 攻めきれず〉という見出しがついた1面の署名記事では、グラウンドの高温状態に着目しています。それはいいと思いますが、内容として大事な部分を落としていないか、という気がします。

記事は冒頭で、ジーコ監督の言葉を次のように伝えています。

〈熱暑の消耗戦。/ハーフタイム時の気温27度というのは、直射を受けるグラウンドではまったく感覚が違ったはずだ。ジーコ監督は「こんな時間にサッカーをやること自体が犯罪だ」と吐き捨てた〉

きのうの試合後のインタビューをテレビで見た人は知っていると思うのですが、ジーコ監督のこの言葉には続きがあります。監督は、テレビ放送の時間(日本時間午後10時〜午前零時ごろ)を優先するばっかりに、2試合続けてこんな時間(現地時間午後3時〜同5時ごろ)にプレーしなければならなかった、と不満をもらしていたのです。

この部分、結構大事なように思います。ジーコ監督は結局はテレビ中心のスケジュールに理解を示すような発言をしていましたが、スポーツ選手としての本心は、なにも最も暑い時間帯に試合をさせなくてもいいじゃないか、というものだったのではないかと思います。

もちろん、暑さは両チームを公平に襲うわけですから、どちらが有利不利ということはありません。だから暑さのきびしい時間に試合をしたって別にいいじゃないか、という考えもあるかと思います。

しかし、ゲームを見るほうだって、少しでもいいプレーを見たいのではないでしょうか。暑さでヘトヘトになって集中力を欠いた試合を便利な時間に見るより、涼しめのグラウンドで好プレーが連続する試合を不便な時間(早朝や深夜)に、もしくは録画で見たほうが満足度が高いように思います。

朝日や読売など有力紙は系列のテレビ局を抱えており、それらに対する遠慮から、テレビを非難するコメントの掲載は避ける傾向にあるのかもしれません(きのうの試合はテレビ朝日=朝日新聞系列=の中継でした)。しかしそれは、メディアのためにはなっても、代表チームや本当のサッカーファンのためになっているとは言えません。

酷暑のなかの試合について語るとき、その背景にある「テレビ商業主義」にも触れるのは、とても意味があると思います。今回のジーコ監督のコメントは、スポーツとカネの関係について考えさせるものでした。新聞はこういう発言を、ちゃんとカバーすべきだと思います。
[PR]
by tmreij | 2006-06-20 01:16 | 本紙

日本の得点はゼロとして考えるべきだ

サッカーのワールドカップで、日本がオーストラリアに負けました。きょう(2006年6月13日)の全国紙各紙は、朝刊と夕刊でこの敗戦を大きく報じています。

読んでいると、日本が弱いのは新聞の責任も相当大きいかも、という気がしてきました。

試合のスコアは1対3で、先制点を挙げたのは日本でした。しかし、その1点がひどい内容だったのは、テレビの中継やニュースを見た人には明らかだったはずです。中村のゴール前へのパス(シュートではない)を受けようと駆け込んだ柳沢と高原が、相手ゴールキーパーと衝突。キーパーがバランスを崩してボールをパンチ(またはキャッチ)し損ね、ボールはそのままゴールへと転がっていったのでした。

キーパーが思うように動けなければすぐ失点につながることから、キーパーとの激しい接触は故意でなくとも反則をとられるのがふつうです。その観点では、日本のプレーはファウルとされ、得点は認められなくても当然でした。きのうの試合の実質的なスコアは0対3だったといえるでしょう。

ところが、各紙の朝刊はそうした視点の記事はまったく載せていません。〈(得点は)必死の思いでもぎ取った幸運だった〉(毎日スポーツ面)、〈幸運な形で先制点を奪った〉(読売同)などと「幸運」で済ませるだけで、あの得点を疑問視する声はゼロです。反対に、〈(中村は)初めて出場した夢舞台で最高のW杯デビューを飾った〉(読売同)と、得点を積極的に評価している記事もあります。

夕刊になってやっと、〈「俊介ゴールは誤審」〉〈豪GKに主審語る?〉(読売)、〈日本のゴール判定 豪「主審『間違い』」〉(毎日)といった見出しの記事が出てきます。ただこれらも、日本の新聞が独自に冷静な視点で問題のプレーを分析したわけではなく、海外通信社の配信記事に寄りかかって、日本の得点は審判の誤審だったという見方があると伝えているだけ。この日の紙面でもっとも踏み込んだと思える記述は、〈「先制点はファウルと言われても仕方がなかった」〉(読売社会面)という審判の資格をもつ落語家(!)のコメントでした。

新聞がこんなにだらしないのは、審判の判定に敬意を払っているからというより(もし失点したのが日本だったら、各紙は審判批判の記事を載せたでしょうから)、惨敗したおらがチームに厳しいことはあまり書かないでおこうというアンプロフェッショナルな感覚があるからではないかと思います。そしてそのことが、選手および国民の目を現実からそらせ、ひいては日本のサッカーの成長を遅らせているようにも思います。

新聞が自国のチームに肩入れした報道をするのは、ある程度は仕方ないと思いますし、当然だとも言えるでしょう。ただ、かわいさ余って現実を直視せず、厳しい記事を避け、甘ったるい記事を書くようなことはすべきではありません。柳沢や高原のプレーはファウルだったはずで、中村の得点をまともな得点として扱うのは間違いです。

この日の各紙では、日本のキーパー川口の判断ミスを責める記事が目につきました。しかし個人的には、いくつかのファインプレーがあった川口を非難するより、0対3という試合結果にたち、まともなシュートは高原の1本ぐらいしかなかった日本の攻撃力のなさを厳しく指摘すべきだと思います。
[PR]
by tmreij | 2006-06-14 01:51 | 本紙

「暗殺」も「巻き添え」も、気にならない?

無差別テロを主導してきたとされるイラクのテロ組織幹部、アブムサブ・ザルカウィ容疑者を米国が殺害しました。きょう(2006年6月9日)の全国紙各紙朝刊は、1面や国際面などでこのことを伝えています。

米国が2500万ドル(約27億円)の懸賞金をかけてまで必死に追っていた「大物」テロリストだけに、同国や、同国の影響が強いイラク新政府の受け止め方は「やったぜ」といった感じのようです。

それに引きずられてか、各紙の紙面には今回の殺害を好意的にみる雰囲気はあっても、批判的にとらえる記事はまったくといっていいほどありません。

これでいいのかなあ、という気がします。

米国が今回したことは「暗殺」です。米国が「テロとの戦争」状態にあることを考えると、暗殺ではなく戦闘行為の一環だという解釈も成り立つのかもしれませんが、特定の人物を最初から殺すつもりで攻撃したことには変わりありません。そこには、その人物を生け捕りにして容疑事実を確認するとか、法で裁くといった考えはありません(今回殺害されたのも「容疑者」でした)。国家による「暗殺」を非合法だとする考えもあります。

隠れ家を狙った爆撃では、ザルカウィ容疑者のほかに、女性と子ども1人ずつを含む5人が殺されました。これらの巻き添えをどう考えるべきでしょうか。女性や子どもはザルカウィ容疑者の家族だったのかもしれせん。しかしもしそうだったとしても、家族だったら一緒に殺されて仕方ないのでしょうか。

批判や、少なくとも疑問を投げかけるべきところは、いくつかあるはずです。

ところが、例えば朝日は、〈治安改善 楽観できず〉〈テロ減るか不透明〉(総合面)といった見出しの記事で、今回の殺害の効果に対する批判的な声を紹介していますが、殺害そのものを批判的にとらえる意見はどこにも載せていません。その一方で、〈テロとの戦い 「勝利」と称賛 米大統領〉(1面)、〈「一歩前進だ」 小泉首相〉(総合面)という見出しの記事などで、殺害を「手柄」と評価する声は報じています。

各国の指導者がザルカウィ容疑者の殺害をたたえるのは、不思議ではありません。米国は同容疑者のテロへの関与についてそれなりの根拠を示していますから、今回の殺害を好意的に受け止める雰囲気が世間(特に米同盟国)で支配的なことも理解はできます。

ただ、新聞までもが一緒になってその調子でいいかといえば、そんなはずはありません。今回の殺害について、批判でびっしりの紙面をつくる必要はありませんが、批判的な見方をひとつふたつ紹介するぐらいのことはすべきではないでしょうか。
[PR]
by tmreij | 2006-06-09 23:59 | 本紙

村上氏、口が達者なことまで悪いのか

村上ファンドの村上世彰代表がインサイダー取引の疑いで逮捕され、同ファンドをめぐる報道が熱を帯びています。きょう(2006年6月7日)の全国紙各紙朝刊も、1面から社会面まで「村上」のどしゃ降りです。

紙面を眺めていると、新聞によって濃淡の差はあるものの、感情的な記事が各紙で目につきます。いずれも、村上憎し、または村上ザマーミロ、といったタッチです。その根本にあるのは、犯罪行為に対する怒りというより、株の売買だけで何百億もの金もうけをしたなんて許し難い、しかも雄弁でいけ好かない、といったわかりやすい、しかしあまり理性的とはいえない嫌悪感のような気がします。

例えば、読売の社会面連載〈崩壊 マネーゲーム〉は、村上容疑者について以下のように書いています。

〈「『要するにやな——』が口癖で、論理的な話しぶりだった」と小学校の同級生は言う。「大人びていた。先生を偉い人とは思っていなかったんじゃないか」。小学校で同じクラスだった男性(46)はそう振り返った〉

まるで論理的で大人びていたことが悪かったかのような書きっぷりです。さらに、次のような記述も出てきます。

〈(中学・高校でも)攻撃的な話しぶりは相変わらずで、「とにかくよく口が回り、思ったことをズバズバ言う姿が印象に残っている」と同級生は語る〉

弁が立つことまでも否定的な文脈に置いて紹介しています。

新聞が、村上容疑者の触法行為について、けしからんと責めるのは理解できます。今回の事件では、村上容疑者は法を犯したことを自ら会見で認めています。そうした犯行を厳しく批判するのは、公器である新聞の役割だといえるでしょう。

ただ、「モノ言う株主」として、企業側にいろいろと注文をつけてきたことは、それ自体は悪いことではないはずです。たとえその目的が、純粋に株価上昇による金もうけだったとしても、そうした金もうけを否定することは、資本主義を否定するようなものです。口が達者で、相手構わず直言するといった個性は、ことさらプラスに評価する必要はありませんが、マイナスにとらえるのもへんです。まるで、頭脳明晰で弁舌巧みだったことが今回の犯行を生んだと言っているかのような読売の記述は、明らかに「村上憎し」の発想から生まれているように思います。

村上容疑者のような金持ちをやっかむ人は、このブログの筆者を含め、数多くいると思います。拝金主義者や金の亡者(にみえる人)を嫌う人も、たくさんいるでしょう。今回の村上容疑者の逮捕を、爽快感とともに受け止めた人も少なくないように思います。そうした社会では、「村上全否定」の記事は歓迎されこそすれ、文句を言われることはないのかもしれません。

しかし、だからといって「庶民感覚」にどっぷり浸かった、安易で思考停止した紙面をつくっていていいはずがありません。それではテレビのワイドショーと同じです。犯罪は見逃されるべきではありませんが、この国では拝金主義者や金の亡者になる「自由」は尊重されるべきですし、ましてや頭の回転が早くて雄弁であることは認められるべきです。

新聞は、「坊主憎けりゃ……」的な発想で村上容疑者を全否定するのではなく、何が問題で何は問題ではないのかを落ち着いて考え、読者をスカッとさせるよりは「うーん」と考えさせるような記事を書くべきだと思います。
[PR]
by tmreij | 2006-06-07 23:57 | 本紙

なぜ容疑者写真が、こんなにデカイのか

秋田県で小学1年生が殺害された事件で、近所の女性が死体遺棄容疑で逮捕されました。きのう(2006年6月5日)の全国紙各紙の朝刊は、1面トップと社会面トップでこの逮捕について大きく報じています。

小さい子どもが狙われる事件が相次いでおり、今回の殺害事件にも大きな関心が集まっていることでしょう。新聞が大展開するのも、もっともだと思います。

ただ、各紙が1面に掲載した容疑者の写真は、あまりにでか過ぎると思います。

一番大きいのは朝日です。容疑者の頭からひざまでほぼ全身が写っている6段(約20センチ)のたて長写真が、紙面の中央部にででーんと出ています。毎日は5段、一番小さな読売でも4段の上半身写真が、やはり紙面の真ん中付近に配置されています。

いったいなぜ、これほど大きな写真を載せるのでしょうか。

容疑者がどんな顔をしているのかを知らせるのが目的であれば、顔写真であってもいいはずです。体つきや服装も読者に知らせたいということなのかもしれませんが、そのサービス精神が果たして妥当なのかは大いに疑問ですし、仮に妥当だとしても、今回ほど大きくなくても十分にその目的は果たせるはずです。

写真がここまで大きくなった理由のひとつに、抑圧されていた新聞側の欲求の噴出があるように思います。各紙によると、容疑者は早い段階から警察にマークされ、それを受けて新聞などのメディアは容疑者の自宅や実家を張り込むように取材していました。週刊誌が〈早い段階から○○容疑者を「犯人」と断定するかのような報道を繰り返した。○○容疑者の私生活についても、うわさ話を含めて赤裸々につづった〉(読売総合面)といった動きをみせるなか、新聞は正確性の尊重や人権への配慮などから、容疑者についてはなかなか書くことができなかったはずです。

「この人がやったに違いない」「この人は本当は凶悪犯だ」とほぼ確信し、本人へのインタビューも含めて取材データを蓄積しながらも記事にできない。そうしたことからくる新聞の不満やうっぷんが、容疑者の逮捕によって一気に噴き出し、今回の大型写真につながった部分があるのではないでしょうか。

そうであれば、感情的に過ぎると言えるでしょう。読者の興味に応えるふりをして、新聞側の生々しい思いを出したということになれば、かなりタチが悪いと思います。

今回の事件現場でも、容疑者や被害者に集団で強引に取材を迫るメディアスクラムがあったようです。最近はそうした過熱報道になるとすぐ、各社が申し合わせて取材の一部自粛などをするのが流行となっていますが、この日の大きな容疑者写真を見ると、本質的な対応ができていないように感じます。

メディアスクラムの問題では、取材方法の規制も必要かもしれませんが、もっと大事なのは、今回のように一時の感情にとらわれたヒステリックな紙面づくりをやめることではないでしょうか。容疑者がどんな顔をしていて、どんな体型で、どんな服を着ているかといったことは、本来それほど大切な情報ではないはずです。それをさも重要な情報として扱うから、現場のデスクや記者たちが興味本位の取材にはしらざるを得ず、容疑者に絶えず密着すべしという判断をしてしまっているように思います。

感情的でやじ馬根性最優先の紙面づくりをやめ、抑制を効かせて事件の本質を重要視する紙面づくりをすることで、初めて現場レベルでも冷静な気持ちで取材することが可能になるように思います。今回のような容疑者の大型写真を載せ続けている限り、メディアスクラムとその被害者はなくならないように思います。

 ———

そもそも、容疑者(や被害者)の写真を掲載する必要があるのかという議論もあるのですが、今回はそれは置いておきます。
[PR]
by tmreij | 2006-06-06 21:37 | 本紙