<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

高野連が説教するのはヘンだ

北海道の駒大苫小牧高校野球部の3年生10人が、飲酒や喫煙をし、警察に補導されました。きょう(2006年3月3日)の全国紙は、朝刊の社会面でこのニュースを大きく取り上げ、夕刊でも続報を載せています。

駒大苫小牧野球部といえば、雪国からの出場ながら夏の甲子園を2年連続で制し、大いに注目と称賛を浴びたチームです。ちかく始まる春の甲子園にも出場が決まっていて、夏春連覇の期待が高まっていました。

それだけに、飲酒・喫煙など、どこの高校生もよくする行為が、ひときわ大きなニュースになってしまうのは仕方がないように思います。昨夏の甲子園で優勝後、野球部長(当時)の暴力事件が明るみに出たことも考えると、新聞が、「いったいどうなってんだ、この野球部」と厳しい見方をするのもわかります。

ただ、今回の報道のように、日本高校野球連盟(高野連)なる団体がお説教をたれ、それを新聞がうやうやしく掲載するのは、なんか違うような気がします。

だいたい、高野連は教育機関ではなく、高校野球を盛り上げ、大会などを運営するスポーツ振興団体のはずです。高校生にしてみれば、教育機関としては学校(高校)があり、教育者としては親や教員がいるわけですから、悪いことをしたら学校や親、教員に怒られればいいはずであって、高野連から日常生活についてとやかく言われる筋合いはないはずです。

それなのに、朝日の朝刊は、〈高校野球は野球を通じて人格を形成するのが大きな目標。それを達成した卒業式の日にこういう問題が起きたのは残念だ〉という、高野連のおエラ方のコメントをわざわざ掲載。毎日の夕刊も、〈「野球部員の3年生は、部を離れても、自覚、規範意識をしっかり持ってほしい」〉と、高野連会長に教育的指導をさせています。

高野連の人々がそうした感想をもったり、言葉にしたりするのは自由ですし、言っている内容がそんなに間違っているとも思いません。しかし新聞が、そうした筋違いの説教くさいコメントを取り上げる理由はないように思います。

朝日によると、高野連は、〈以前は「3年生部員はシーズン終了の11月30日をもって所属連盟の登録を抹消する」としていたが、04年に「退部届を出した後は不正があっても部長、高野連の指導の対象外になってしまう」として(規定を)改正した〉とのことです。これだって、不正があれば保護者や学校関係者が指導すればいいはずであって、なにも高野連が〈「指導の対象外になってしまう」〉と言って、規定まで変えて「指導」に乗り出す必要なんてないはずです。

読売朝刊は、高野連のコメントは、〈「選抜出場については、学校からの正式な報告を待って審議したい」〉とだけ書いています。教育者ぶった発言は気に止めず、あくまでスポーツ振興団体の本来の役割にだけ注目した、よい記述だと思います。

高野連は以前から、やれ長髪や茶髪は好ましくないだの、やれ高校生らしさ(という実体のないもの)を大事にしろだの言うなど、自らを教育機関だと勘違いしているフシがあります。それを、朝日や毎日のように、高野連とつながりが深い新聞(両紙とも甲子園大会を主催)が増長させているように思います。

教育は保護者や学校、大会の円滑な運営は高野連、といった役割分担をちゃんとし、互いに越権行為は慎むべきです。そして新聞も、高野連との腐れ縁にとらわれず、高野連の守備範囲をしっかりと限定すべきだと思います。
[PR]
by tmreij | 2006-03-03 22:59 | 本紙

イラクでテレビ放送されていても、日本のメディアは不知

イラクを旅行中だった日本人を殺害したとされる男性が、現地で逮捕・起訴されたようです。きょう(2006年3月2日)の全国紙夕刊は、このニュースを1面などで大きく報じています。

各紙の記事のクレジットから明らかなように、このニュースは時事通信の特ダネです。朝日の1面に載った時事の記事は、〈男は捜査官同席の下で、時事通信イラク人通信員の取材に応じ、香田さんを殺した時の模様などを詳細に語った〉と伝えています。

決して明るいニュースではありませんが、スクープを放った点においては、時事は報道機関として称賛に値すると思います。ただ、関連記事を読んでいくと、時事が素晴らしかったというより、他社は何をしていたの、という疑問がわいてきます。

朝日の1面記事(朝日のオリジナル)は、以下のように説明しています。

〈外務省によれば、2月22日に現地テレビで容疑者逮捕の報道予告があったため、同日中にイラク当局に事実関係を問い合わせた〉

また、読売のカイロ特派員の記事は、次のように書いています。

〈(在イラク日本)大使館によると、地元テレビが2月22日に放映した番組に、香田さん拉致に関わったとみられる男が出演し、その際、香田さん事件に関する供述を近く行うとの字幕が流れた〉

どうやら、現地では22日の時点ですでに、日本人殺害の容疑者が逮捕されたらしいことは、公共の電波を通して公にされていたようなのです。この放送を見ていた人も少なからずいるでしょうから、現地ではそれなりに話題になっていたことも考えられます。

こうしたことを、日本の外務省はすぐにキャッチしたようですが、日本の報道機関はというと、しばらく気づかなかったと思われます。もし気づいていたら、現地の報道を引用するかたちで、すぐに記事にしていたでしょう。

気づかなかったのは、外務省がイラク国内に日本人職員を常駐させているのに対し、ほとんどの報道機関は日本人スタッフを現地に派遣していない、というのが大きな原因だと思います。

身の危険を冒してまで日本の報道機関がイラクで情報収集する必要はない、国や外国報道機関から情報を取ればいい、という考えもあると思います。現地ではやや古くなったニュースでも、うまく扱えば日本国内では他社を出し抜くぐらいのことはでき、そこそこの満足感は味わえるわけだから、あえて危険地帯に足を踏み入れることはない、という発想も成り立つかもしれません。

読者として新聞社に「イラクでもちゃんと仕事をしてよ」と注文をつけるのは簡単です。ただ、多くの記者が現地で命を落としていることを考えると、新聞社としてスタッフの配置をためらうのはわかるような気がします。

しかしそれでも、今回のように、現地でテレビ放映されている内容について、日本の外務省は承知しているのに、新聞をはじめとする報道機関はそれについてしばらく気がつかなかったというのは、非常に望ましくない状態だと思います。読者の知る権利に応えるためにも、イラク関連の報道に関しては、新聞は何らかの対策が必要なように思います。
[PR]
by tmreij | 2006-03-02 23:56 | 本紙

永田議員の「病院避難」は、いいの?

民主党の永田寿康衆院議員が、「送金メール」問題で会見を開き、弁明しました。きょう(2006年3月1日)の全国紙朝刊は、メールはニセモノだという党としての判断や、前原代表ら党幹部たちの反応も含め、1面や社会面、総合面、社説などで、この話題を大きく展開しています。

記事をみていくと、永田氏が裏付けなしにメールを本物だと思い込んだことや、そのメールをもとに国会で断定的な発言を繰り出したことについて、経緯や原因、責任を追及する内容が目立ちます。

それはそれで大事ですから、結構だと思います。ただ、ほかにも大切な点があるように思うのですが、それについては、各紙そろって気にしていないのが気になります。(「『格差』直結は強引では & 永田議員にダメ出しを」とややダブリ感がありますが、ご容赦を)

今回の騒ぎで、永田氏(および民主党)によって国民が被った最大の不利益といえば、他の重要なことがらがかすんでしまったことでしょう。耐震データ偽造問題や官製談合事件などの「4点セット」や、沖縄返還をめぐる密約問題、経済格差対策など、問題は山積しているのに、国会のエネルギーが注がれるべきところに注がれず、あさっての方向に行ってしまっています。

そうした大枠はちょっと置いておいて、メール騒動の範囲内で考えてみると、どういう不利益があるでしょうか。永田氏がたいした証拠もなしに、自民党の武部幹事長に「金で魂を売っている」と言ったり、次男を名指しして犯罪者のように呼んだりしたことは、当人たちにはお気の毒ではありますが、国民に不利益が生じたというほどのことではないでしょう。永田氏がいい加減な質問をし、国会の威厳や品格をおとしめたことは国民にとっての損害だ、と考えることもできるとは思います。でもそれは、永田氏に限らずいろんな議員が、もっと前からじゃんじゃんやっているような気がします。

今回の騒ぎで国民が被った大きな不利益は、永田氏によってナメられ、当然提供されるべき説明や情報をすみやかに得られなかった、ということではないでしょうか。

先月16日に国民をぎょっとさせるような国会質問をした永田氏は、武部幹事長に不正があったのは間違いないと言い張りながら、形成が悪いとみると、23日に突如入院。きのう28日に会見するまで、丸4日以上、国民に対してひと言の説明もせずに、病院(のおそらく広い個室)で「自己回復」に努めていたのです。国民の関心を集めるだけ集めておきながら、思うようにいかないと突然姿をくらますなんて無責任なことを、ぬけぬけとやったわけです。

それなのに、きょうの各紙に、この点を厳しく追及する記事がまったくないのは、なんとも不思議です。

卒倒するなど、永田氏の具合が本当に悪く、国民への説明よりも入院が優先されるべき事態であったのなら、まだ同情の余地はあります。しかし、きのうの会見で永田氏は、〈私の身心の疲労、混乱が極限に達しているという判断、指摘もあり、私自身もそのように感じていたことから、入院させていただくこととなりました〉(毎日)と説明。急を要する入院というよりは、自愛に満ちた入院だったことがうかがえます。

そもそも、自分で仰天質問をしておきながら、〈混乱が極限に達している〉は通用しないと思います。トンボを捕まえようと指をグルグル回していたら、自分の目が回ってしまった、と言っているようなものです。小泉首相が〈「あれくらいのストレスで入院しちゃうなら、おれなんか毎日入院しないといけない」〉(東京、2月28日付朝刊)と言ったというのも、もっともだと思います。

永田氏について、読売は〈調査能力も、質問の最低限の礼節やテクニックも身につけていなかった〉(総合面)と評し、毎日は〈事態の深刻さを考えるといさぎよく自ら議員辞職する選択もあったのではないか〉(社説)と迫っています。これらも、もっともだと思います。

ただ、永田氏が議員にふさわしくないのは、調査能力や礼節やテクニックの欠如ばかりではなく、国民にちゃんと向き合うという意識の乏しさも、大きな理由の一つだと思います。新聞には、この点についても、永田氏を厳しく点検してほしいと思います。

 ———

2月28日付東京新聞朝刊は、〈永田氏にみる政治家の「入院」事情〉〈不祥事の避難所〉〈永田町のお家芸〉という見出しの記事を、特報面に掲載しています。〈「病院はメディアの取材などを避けるシェルター」〉という政治評論家のコメントや、〈「こんなところにいないで、早く出るべきところに出て正々堂々と釈明してほしい」〉という病院近くの主婦の声を交えながら、おもしろい記事に仕立てていると思います。
[PR]
by tmreij | 2006-03-01 22:12 | 本紙