2006年 04月 12日 ( 2 )

記録の提供を受けながら、記事にしなかったのはなぜ?

きょう(2006年4月12日)の全国紙各紙の夕刊は、高松塚古墳の壁画を文化庁の職員が誤って傷つけ、公表せずに補修していたことがわかった、と一斉に報じています。

文化庁が損傷の事実を公表していなかったため、各紙ともこの点を非難する内容になっています。もっとも力を込めているのが毎日で、1面と社会面で記事を展開。見出しにも、〈隠ぺい〉〈ひそかに修復〉〈強い不信感〉というキツイ言葉を並べています。

その毎日の記事には、いったいどういうこと? と疑問に思う記述が出てきます。疑問に思うといっても、文化庁に対してではなく、新聞に対してです。以下に、その記述を引用します。

〈同庁(文化庁)によると、壁画の損傷隠しの事実は石室内の記録書類に写真入りで記載していた。昨年夏、求めに応じて複数の新聞社だけに記録を提供したというが、積極的な発表はしなかった〉

なんと、損傷について情報を得ていた新聞が、すでに去年の夏の時点で、複数あったというのです。

新聞が文化庁に、〈「なぜ黙っていた」〉(毎日、社会面見出し)と怒りをぶつけたくなるのと同様、〈複数の新聞社〉の読者も、「なぜ報じない」と新聞に怒りをぶつけたくなるような話ではないでしょうか。

毎日の記事は、〈複数の新聞社〉がどこかということや、なぜ記事にならなかったのかといったことについては書いていません。朝日と読売はそもそも、複数の新聞が約1年前に情報を得ていたことについては、まったく触れていません。ですので、3紙を読む限り、これ以上のことはわかりません。

でもいったい、記録の提供を受けた〈複数の新聞社〉は、何をしていたのでしょうか。

考えられるのは、(1)提供された記録から損傷の事実を読み取れなかった(2)損傷の事実に気づいたが、ニュース価値がないと判断した(3)損傷の事実に気づき、ニュース価値もあると判断したが、何らかの理由で記事にしないことに決めた——といったことでしょう。

どの場合であっても、新聞にとっては深く恥じ入るべきことだと思います。もし(3)が理由で、しかも背景に政治的な配慮でもあれば、それ自体が大ニュースになり得るような話です。

新聞社の要請を受けて記録を提供していたからといって、文化庁が国宝の損傷という大きな出来事を進んで公表しなかったことが正当化されるわけではありません。やはり、損傷が起きた02年1月の時点で、文化庁はできるだけすみやかに発表すべきだったと思います。

ただ、複数の新聞が損傷についての情報提供を受けながら、どの新聞も記事にしていないというのは、このブログの筆者にとっては、国宝の損傷よりショッキングな話です。今回の毎日の記事を読んで、同じように、肝心のニュースより、新聞の体たらくに気を取られた人も少なくなかったのではないでしょうか。

どの業界にも「武士の情」のようなかばい合いがあるように、新聞業界にも他紙のミスや欠点をあえてえぐり出さない文化があります(もちろん問題によりますが)。ですので、今回書いてきたようなことも、うやむやのまま終わってしまう可能性が高いと思います。でも、毎日は、ここまで書いたのですから、読者に疑問を投げつけたままで放置せず、メディア欄などで、記事にならなかった経緯をフォローしてほしいと思います。

 ———

記録の提供を受けた〈複数の新聞社〉は損傷についてちゃんと記事にしたものの、それに全国紙がまったく気づかなかった、という可能性もあります。その場合、今回書いてきたことは、あまり意味をなさなくなります。すみません。ただ、そうなると今度は、全国紙(をはじめ主要な新聞)は何やってたんだ、ということになりますが。
[PR]
by tmreij | 2006-04-12 22:50 | 本紙

「可能性が高い」と「証明された」は一緒か

韓国から北朝鮮に拉致された男性と、横田めぐみさんの娘が、父子である可能性が高いと政府が発表しました。きょう(2006年4月11日)の全国紙夕刊は各紙、この話題を1面トップと社会面で報じています(※)。

韓国人拉致被害者がめぐみさんの娘の父親ということになれば、すなわち、めぐみさんの夫は韓国人拉致被害者ということになります。そうした話は少し前から出ていましたが、日本政府がDNA鑑定という科学的根拠をもとに可能性が高いとしたのは初めてです。大きなニュースですので、各紙そろって、〈「夫」は拉致韓国人〉(朝日)、〈めぐみさん夫は韓国人〉(毎日)、〈めぐみさん夫 拉致韓国人〉(読売)と大見出しを掲げるのも、わかるような気がします。

しかし、記事を読んでいくと、危なっかしいけど大丈夫なの、という感じを覚えます。特に読売と毎日の紙面からは、冷静さを失って興奮し、暴走している印象を受けるのです。

原因のひとつは、強引な言い換えです。

読売の1面本記は、〈横田めぐみさんの夫が韓国人拉致被害者の金英男さんである可能性が高いとするDNA鑑定の結果を(政府が)まとめた〉と始まります。これに続く文章でも、〈金英男さんとキム・へギョンさんは親子関係にある可能性が高いことがわかった〉と書いています。

それが社会面になると突然、〈めぐみさんの娘キム・へギョンさん(18)との親子関係が、日本側のDNA鑑定で証明された韓国人拉致被害者の金英男さん……〉となっています。〈可能性が高い〉とされたはずの仮説が、ページを進めるうちに、〈証明された〉ことになっているのです。

可能性が高いのと、証明されたというのは、果たして同じにしちゃっていいんでしょうか。

DNA鑑定は、かなり確度の高い結論を出せるようです。でも例えば、人物の特定においては、指紋ほどの限定力はないと聞きます(つまり、同じようなDNAの型をもつ人が複数人いるらしい)。今回の鑑定がどんなものなのか、詳しく書いていないのでよくわかりませんが、決定力に欠けるDNAというものを使って調べた結果、〈可能性が高い〉とされたものを、新聞社が勝手に〈証明された〉にグレードアップするのは、問題ないんでしょうか。

こうした言い換えは、毎日もしています。1面では、〈父子関係にある可能性が極めて高いDNA鑑定結果〉〈政府は2人が父子にほぼ間違いないと結論づけ〉などと、疑いの余地を残しておきながら、社会面に移ると、〈めぐみさんの夫は、韓国人拉致被害者だった——〉〈(日本政府はめぐみさんの夫が)金英男さんと結論づけた〉と断定しています。

他方、感情をあらわにすることで気分が少しスーッとする、といった程度の効果しかないような言葉使いも、どうかと思います。

読売の社会面は、〈またも嘘 憤る家族〉という大見出しを掲載。前文でも、〈北朝鮮側の嘘がまた一つ明らかになった〉と決めつけています。

これは、北朝鮮がこれまで、めぐみさんの夫は〈「自国の特殊機関勤務員」と説明してきた〉ことに照らし、なんだ実は韓国人拉致被害者じゃないか、この大ウソつきめ! と言いたいのでしょう。

この部分については、前述のとおり、〈可能性が高い〉ではなく、〈証明された〉という前提に立って話を進めているところが、まず気になります。さらに、仮にめぐみさんの夫が韓国人拉致被害者だとしても、長年にわたって北朝鮮に住み、特殊機関に勤めていたであろうことを考えれば、北朝鮮がその拉致被害者について「自国の特殊機関勤務員」だと強弁することは、フェアとは言えないでしょうが、可能なように思います。

こうした状況で、新聞が「大ウソつき!」と声を張り上げることが、拉致被害者の救済に効果的かというと、大いに疑問です。クロだと詰め切れていないときに、「お前はクロだ!」と感情的に迫っても、相手は態度を硬化させこそすれ、軟化することはないように思います。

新聞にとって、拉致被害者家族の怒りの声を伝えることも、その怒りに共感することも、大事なことだと思います。しかし、家族と一緒になって感情を噴出させることは、新聞の役割ではありません。とくに今回のように、感情を優先して事実を犠牲にしているかのような報道は、それがいかに国家的な問題であろうと、決してしてはいけないことだと思います。

 ———

(※)各紙とも、記事は発表前に書いているため、「これから発表する」という書き方になっています。
[PR]
by tmreij | 2006-04-12 02:38 | 本紙