2006年 02月 27日 ( 1 )

勝手に皆川選手を「ダメなやつ」にしていない?

トリノ五輪のアルペンスキー男子回転で、北海道出身の皆川堅太郎選手が4位、湯浅直樹選手が7位に入賞しました。きょう(2006年2月27日)の北海道新聞朝刊は、1面トップでこのニュースを取り上げています。

競技結果だけではなく、2選手のレース後の感想や、それぞれけがに悩まされた経緯、スキーへの熱い思いなどを、本人たちの言葉を交えながら伝えていて、地元ならではの充実した紙面になっています。(社会面には地元で応援する人たちの記事を大きく掲載)

ただ、1面記事を読んでいくと、文章の締めの部分がすっきりしていないため、読後感が落ち着きません。力を込めた紙面なだけに、残念な感じがします。

皆川選手の苦労や努力を伝える記事は、次の文章で締めくくられています。

〈銅メダルに0秒03差。皆川は申し訳なさそうに言う。「子どもたちがスキーを目指せるような看板に僕はなりたい。メダルを取っていれば、もっと注目されたんだろうけど」。そんなことはない。日本が半世紀も忘れていた興奮を思い出させてくれたのだから〉

一見、巧みな文章で、読者としてはちょっとした余韻に浸りたいところではありますが、どうも素直にそうすることができません。というのも、〈そんなことはない〉という言葉に引っかかってしまうからです。

〈そんなことはない〉というぐらいですから、これを書いた記者は何かを否定しているのでしょう。では、何を否定しているのかと思って文章をさかのぼると、構成上、考えられるのは、〈「メダルを取っていれば、もっと注目された」〉、または〈「看板に僕はなりたい」〉という皆川選手の発言です。

〈「メダルを取っていれば、もっと注目された」〉というのを否定すれば、「メダルを取っていたって、いまより注目されることはなかった」ということになります。絶対に可能性がないとは言いませんが、記者がそんなふうに思ったとは考えにくいです。また、〈「看板に僕はなりたい」〉という本人の意向を〈そんなことはない〉と否定するというのも、なんだかよくわかりません。

記者が〈そんなことはない〉で打ち消そうとしていたのはおそらく、「自分はヘマをしたダメなヤツだ」といった選手の思いでしょう。〈日本が半世紀も忘れていた興奮を思い出させてくれたのだから〉という最後の一行からも、そのことが推測できます。「あなたはダメな選手なんかじゃない」と、そっと背中に手を当てて慰めようとしたのではないでしょうか。

しかし、果たして皆川選手が「自分はダメだ」と思っているかどうかというのは、今回の記事からは明確ではありません。〈「メダルを取っていれば、もっと注目されたんだろうけど」〉というコメントは、至極当たり前な内容です。残念そうな気持ちはうかがえますが、自己否定に沈んだり落ち込んだりしている様子は、あまり感じ取れません。本人はたいして落ち込んでいないのに、記者が勝手に落ち込んでいると思い込んじゃったんじゃないか、とも思えてきます。

もしかしたら、記者は記事にある以外の皆川選手の言葉を聞いたり、そばで表情を観察していたりして、自己否定に陥っている印象を受けたのかもしれません。ただ、そうであればそのことを書かないと、読者にはその雰囲気が伝わりません。

文章に対する考え方は、いろいろあると思います。書かれていないことも文章の流れで想像し、飛躍やねじれがあっても、行間を埋めるがごとく、読者が情報を補いながら読むのが当然だ、という考えもあるかもしれません。詩や小説、論文、台本など、ジャンルによっても、様々な違いがあると思います。

ただ、新聞の文章は、書いてあることがすべてで、紙面で完結するのが原則だと思います。読者の想像力や推理力、親切心などに頼った、独りよがりで甘えた文章は、紙面からは排除すべきだと思います。前後のつじつまが合わず、理屈がすっきりと読者の頭に入らない文章も、あってはいけないと思います。

新聞記事は、複数人の目によってチェックされたうえで紙面に載るのが普通です。それなのに今回のような文章が出たのは、記者もデスクも校閲も整理も、地元選手の活躍や思いに気を取られ、冷静さに欠けていたからではないかと想像できます。

新聞は、たとえ自らが感動し、読者の感情をゆさぶるような文章を書こうと思っても、どこかで冷めた目をもち続け、飛躍や破たんのない文章を読者に提供することが大事だと思います。

 ———

簡単にもうひとつ。

この日の道新社会面には、〈元ドリカム西川容疑者〉〈また覚せい剤所持で逮捕〉のベタ記事が載っています。その記事は、以下のように書かれています。

〈警視庁牛込署は二十六日までに、覚せい剤を所持したとして……西川隆宏容疑者(41)を逮捕した。/西川容疑者は覚せい剤について「先週、渋谷で買った」と供述している。/調べでは、西川容疑者は……〉

この書き方は、記者が直接、容疑者の供述を聞いたときだけに許されるはずです。本当に容疑者から聞いたのならいいのですが、そうでないとしたら、こんな前近代的な書き方をいまだにしているとは、驚きです。(道新が書いたか、共同通信などの配信なのかは不明)
[PR]
by tmreij | 2006-02-27 23:56 | 津々浦々