2006年 02月 09日 ( 2 )

なぜイラン人の裁判に、初適用なのか

東京地裁における、とある重罪事件の裁判で、あっと驚くほど素早い判決が出ました。きょう(2006年2月9日)の全国紙朝刊は、いずれも社会面でこの出来事を取り上げています。

記事を読むと、初公判から13日目に判決を出すという、類のないほど短期間な審理だったことはよくわかります。しかし、おそらく多くの読者が頭に浮かべるであろう疑問に、どの新聞も答えていないのが気になります。

今回の裁判は、通常のものとは異なり、〈迅速で分かりやすい裁判のため、初公判前に証拠や争点を絞り込む〉(毎日)という作業がありました。「公判前整理手続き」と呼ばれるもので、東京地裁でこの手続きを適用したのは、これが初めてだったようです。

裁判をスピーディーに終了できるというメリットがある反面、特に被告にとってはマイナスとなる点があるようです。今回の裁判について被告弁護人は、〈「時間が足りない」〉(読売)、〈「我々の主張をもう少し時間をかけて検討してほしかった」〉(朝日)、〈連日開廷では時間的に検討が十分出来ず、非億のためになるかは疑問だ〉(毎日)などと話しています。

そうしたデメリットも考慮してのことでしょう、この「公判前整理手続き」は昨年11月に導入されたのですが、それ以降の裁判すべてに適用されているわけではありません。

では、今回のケースは他のと何か違いがあるのかというと、一つ大きな特徴があります。被告がイラン人で、この被告に刃物で切りつけられたとされる被害者もイラン人という「外国人裁判」なのです。

東京地裁に数多くある刑事裁判のなかで、なぜこの裁判が選ばれたのか。読者としては、非常に気になるところではないでしょうか。もしや、ガイジンは日本人に比べ裁判の進行についてとやかく言う確率は低いだろうと判断し、新しい手続きの初適用にはちょうどいいと考えたのではないかとも想像できます。もしかしたら、そんな意図はまったくなく、機械的に選出しただけなのかもしれません。ただ、3紙が3紙とも、理由についてはまったく何も書いていないとなると、何かウラがあるんじゃないかと勘ぐりたくもなります。

なぜ東京地裁での初適用がこの特徴ある事件だったのかということは、記者だって当然疑問に思ったでしょうし、その点について尋ねてもいるはずです。記者は担当者から説明を聞いて納得したのかもしれませんが、読者はちっともわかりません。自分が疑問に思ったことは読者も疑問に思うだろうと考え、仕入れた情報をちゃんと読者にも伝えるべきです。

これはあまり考えたくはありませんが、イラン人の事件が選ばれたことに対して、単に関心をまったく寄せなかった結果、今回のような記事になったのかもしれません。もしそうだとしたら、その記者は、読者に対して劣悪なサービスしか提供できていないことを自覚すべきだと思います。
[PR]
by tmreij | 2006-02-09 23:51 | 本紙

こんな「妊娠報道」をずっと続ける気か

紀子さん(日本人だけど名字なし。旧姓川嶋)が妊娠したようです。きょう(2006年2月8日)の全国紙各紙の朝刊は、1面トップでこのことをでかでかと報告。社会面や総合面などにも関連記事を詰め込んでいます。

朝日と毎日は、社説でも妊娠を取り上げています。朝日は〈出産のご無事を祈りながら、静かに見守りたいと思う〉と抱負を表明。毎日も〈何よりも、紀子さまがすこやかに過ごされるよう、静かに見守りたい〉と説いています。また、読売は社説ではありませんが、社会面記事で紀子さんの高校時代の恩師を登場させ、〈「周囲がとやかく言うのではなく、静かに見守ってほしい」と訴えた〉と書いています。

各社そろって、「静かに見守る」という言葉が好きなのはわかりました。ただ、これだけ大々的に妊娠について報じ、前日には号外まで出しておきながら、「静かに見守る」もなにもあったもんじゃないような気がします。

べつに、「静かに見守る」のがよくないと言っているわけではありません。でも、本当にそうする勇気も落ち着きもないのに、口先でだけそんなこと言うのは、何となくうそつきっぽい感じがするのです。

新聞が、母体やその他の家族への気づかいを表明すること自体は、間違ってないと思います。しかし、一方で人間的な配慮を口にしながら、他方では「ついに男か、はたまた女か」とすぐやり出すのは、矛盾もいいところです。きょうの全国紙は3紙が3紙とも、1面記事のリード部分で、〈男児が誕生すれば〉(朝日)、〈男子が生まれれば〉(毎日)、〈男子誕生の場合は〉(読売)と、生まれてくる子の性別に強烈な興味を示しているのです。

読売名物の相談コーナー〈人生案内〉(くらし面)には、「夫の親や周囲からとにかく男の子を期待され、プレッシャーに参りそうです」といった類の相談がしょっちゅう出ていますが、そういったものを読むまでもなく、〈男児が誕生すれば〉なんて新聞に書かれれば、紀子さんの身心に大きな影響を与えることは明らかではないでしょうか。(それを覚悟で子作りに臨んだとしても)

今回のケースでいえば、雅子さん(やっぱり名字なし。旧姓小和田)に与える精神的ショックだって大きいでしょう。いよいよ待ちに待った男子か、もしそうなら男系天皇を守ることができるし、皇室典範の改正も必要なさそう、などと紙上で盛り上げれば盛り上げるほど、男の子を生んでいない雅子さんにみじめな思いをさせるのではないでしょうか。結局、私は男子製造機なの? といった怒りや悩みをしたため、読売の〈人生案内〉に送りたくなったとしても、無理ありません。(送らないでしょうが)

こんな風に、新聞がやさしい言葉を吐きながら、同時に個人の身心を圧迫しズタズタにするといった矛盾は、生身の人間を国家の象徴にするなどという制度がある限り、いつまでも続くと思います。だいたい、新聞が皇族の妊娠を「静かに見守る」なんてのはムリです。新聞の役割のひとつとして、読者の関心に応えることがあり、天皇の「お世継ぎ」は、いつの時代もある程度の人々の関心事だからです。芸能人やアナウンサーの妊娠・出産だって記事にしている時代に、公人中の公人の妊娠について何も報じないなんてできないでしょう。第2社会面の短信程度で報じるといったことも、読者離れが怖くてできないと思います。

皇族妊娠報道の矛盾を解消するには、問題の根源に向き合うしかないと思います。ある一家に苦しい思いを強いながら、国や国民の統合の象徴になってもらっているって、どうよ? という問いに、正面から取り組むしかないはずです。問題の本質は報道側にあるのではなく、皇室という制度にあると思います。

いま皇室典範を改正しないと、またいつか「女子女系天皇もあり?」という問題が起きると懸念する声があります。きっとそのとおりでしょう。同様に新聞も、「静かに見守りたい」などと言っているだけでは、またいつか必ず、皇族になっている人々の人格を踏みにじり、身心を傷つけるようなことをしてしまうと思います。

新聞は、皇室典範の改正といった小さな事柄に気を取られるのではなく、国の象徴とは何かという根本的な問題を見据えるべきです。
[PR]
by tmreij | 2006-02-09 03:01 | 本紙