2006年 01月 17日 ( 1 )

で、ホリエモンのどこが問題なのか

ライブドアや、ホリエモンこと堀江貴文・同社社長の自宅を、東京地検特捜部が家宅捜索しました。きょう(2006年1月17日)の全国紙各紙は、朝刊1面でこのニュースを大きく伝えています。

各紙とも1面だけでなく、経済面や社会面も関係記事であふれています。毎日はさらに、社説でもライブドアを取り上げているのですが、これがかなりひどい内容なのです。

今回の家宅捜索では、ライブドアの関連会社が、株価を上げるためにうその情報を流した疑いなどがもたれています。企業買収などの際に、証券取引法に引っかかるようなことをしていたのではないかと見られているわけです。

言わずもがなですが、ライブドアがこれまでに証券会社などを次々とM&A(合併・買収)したことや、近鉄バファローズの買収を狙ったこと、フジテレビを買収しようとしたことなどは、今回の容疑とは関係ありません。また、証券取引所の時間外にニッポン放送株を取得したことや、自社株の分割を繰り返したことが、問題視されたわけでもありません。ましてや、堀江氏が昨年の総選挙に立候補したことや、タレントのようにテレビに出演すること、報道を軽視する発言をすること、ネクタイなしのスタイルで若者に人気があることなどは、家宅捜索とはまったく無関係です。

ところが、きょう毎日の社説〈不正な市場操作は論外だ〉は、上記のことがらすべてを、ずらずらと列記。そして、〈マネー万能主義に落とし穴がなかったか、確かめてみる必要がある〉と結んでいます。

一方で、今回の容疑に直接関係する記述は、〈企業買収の際に事実と異なる情報を公表した疑いがあるという〉というのと、〈株価形成に重大な影響を与えるM&Aに関連する情報に疑いが持たれている〉というのの、わずか2つだけです。

なんだか、ふだんホリエモンを見ていて「いけすかねぇーなー」と不満をため込んでいる人(たち)が、ここぞとばかりに、〈マネー万能主義〉者を踏みつけている感じです。興奮のあまり、今回の捜索の焦点を、すっかり後回しにしている印象も受けます。

家宅捜索したばかりなんだから、容疑について詳しいことはわからず、だから書けなかった、と毎日は説明するかもしれません。でもだったら、はじめから社説で取り上げるな、という話です。社説なんですから、もう少し情報を得られるのを待って、1日や2日後にあれこれ論じたって問題ないはずです。

もしかしたら、ライブドアや堀江氏について社説で列記したことは、すべて今回の容疑につながっているんだ、という考えなのかもしれません。社説は主張や見解を述べるコーナーなので、基本的には何を書いてもいいとは思います。でも、新手でトリッキーながら合法的な経営手法や、型破りながら法律的には何ら問題のない堀江氏の個性と、今回の犯罪容疑を結びつけるのであれば、読者がその関連についてわかるよう、ちゃんと説明をすべきです。

堀江氏や、堀江氏のすることになんとなく嫌悪感を覚えるのは、理解できるような気もします。しかし、そうした感情と、堀江氏にかけられた個別の犯罪容疑を、ごちゃまぜにして論じるべきではないと思います。

 ———

きょうの読売の社説も、ライブドアをテーマにしています。こちらは、今回の容疑についての説明や論考に、半分ぐらいを割いています。
[PR]
by tmreij | 2006-01-17 23:59 | 本紙