2005年 12月 28日 ( 1 )

マスコミは、信用度で警察に負けている

犯罪被害者の実名を警察が発表しないケースがいっそう増えそうです。実名か匿名かは警察が判断するという項目を盛り込んだ犯罪被害者等基本計画が、閣議決定されました。きょう(2005年12月28日)の各紙朝刊は、この項目について批判的な記事を掲載しています。

例えば朝日新聞は、〈安易な匿名化は避けよ〉という見出しの社説を掲載。社会面にも、〈警察判断「極めて残念」 新聞協会・民放連が声明〉という見出しの記事を載せています。

新聞側の主張は、この日の朝日の社説が書いている内容でほぼ一致しているといえるでしょう。要点を以下に引用します。

〈実名発表を受けて取材し、被害者の意向も踏まえた上で、報道の際に実名にするか匿名とするかをメディアに判断させてほしい〉

結果的には、この願いは聞き入れられませんでした。

なぜでしょうか。決定したのは国会議員(大臣)たちなので、自分たち国家権力に都合のよい方向に事を運んだと考えることはできます。もちろんそうした面もあるでしょう。しかし今回は、大臣たちが国民の間にある「空気」を感じ取っていて、それを反映したということもできるのではないでしょうか。

その空気とは——マスコミのやることはひどい。警察とマスコミだったら、まだ警察のほうが自分たちのことに配慮した対応をしてくれるだろう——というものです。

つまり、信用度において、新聞を含めたマスコミは警察に負けているわけです。

警察という組織は、国民の安全や財産を守るために立派な仕事をしますが、一方で、特権を利用して様々な人権侵害や不正もします。ただ、いまだ根強いお上意識もあり、多くの国民は警察に強い信頼を寄せています。そのこと自体は本来、悪くはないと思うのですが、権力は必ず腐敗するものだということも国民は知っておかなくてはならないはずです。信用しつつ、監視の目をもつことが大事なはずです。

しかし、ふつうの国民には警察権力の監視などなかなかできません。それで、その監視の役割を担うのが、マスコミです。警察を含めた権力へのアクセスを許可され、国民の立場で質問をぶつけることが期待されているのです。

これは、国民がマスコミを信頼しているからこそ機能する仕組みです。警察は悪いこともする。だから国民は、自分たちと同じ立場にいる(はずの)マスコミに信頼を寄せ、警察など権力に対して警戒させ、追及させる。それが本来の構図のはずです。その構図の中に、実名発表もあるはずです。

その信用の構図が、いまは逆になっています。警察さん、やりたい放題のマスコミを何とかしてください、という雰囲気が広がっています。そして、議員らはそうした空気を敏感に察知しているのです。

今回の基本計画に反対の声を挙げているのはマスコミばかりで、国民の多くは無関心、または歓迎といった感じです。このことは、マスコミが国民の共感や支持を得られていない何よりの証拠です。

警察に実名発表を求めることは間違っていませんし、当然のことだと思います。マスコミとして、がんばりどころでもあります。

しかし、ただ声高に「判断はこっちに任せろ」と主張したってダメです。マスコミ報道の受益者であるはずの国民は白けています。この白けた空気を、メディアへの信頼に変えることが先です。

そのためにどうするか。まずは新聞をはじめマスコミが、自分たちの行き過ぎや間違いについて具体的に例を挙げて率直に反省することが必要です。そして、今後の取材方法や記事の書き方などについて指針を打ち出し(もちろん公開し)、それをチェックする第三者機関を設けることだと思います。

 ———

以下の文章でも実名・匿名発表のことについて書いています。

実名発表のために新聞は何をするのか
おじいちゃんの名前は書かなくていい
[PR]
by tmreij | 2005-12-28 23:55 | 本紙