2005年 12月 27日 ( 1 )

読者をナメたままで、朝日の信頼回復はない

虚偽メモ報道などで今年大いに揺れた朝日新聞は、きょう(2005年12月27日)の朝刊1面で、再生に向けた改革案をまとめたと報告しています。

〈読者のみなさまへ〉〈信頼回復へ抜本改革〉といった見出しをつけたこの記事は、〈みなさまの信頼を損なってしまったことを反省し、時代を担うジャーナリズムとして再生することをめざします〉と宣言。読者による記事評価制度をつくり、東京本社の編集局長を2人制にすることなどが中心だと書いています。

へー、読者による記事評価って興味深い取り組みだけど、どうやってするんだろう。そう思いながら100行近いこの記事を読み進めたのですが、結局最後まで具体的な説明はありません。唯一あるのは、〈読者代表の方々に、記事の良い点、至らぬ点などを丹念にお聞きしようと思っています〉という漠然とした記述だけです。内側のページに詳しく書かれているのかとも思いましたが、お決まりの「○面に詳細」といったことわり書きはありませんし、実際に中身をめくっても関係記事は見当たりません。

こんなんで、朝日新聞は本当に信頼回復する気があるんでしょうか。

記事は、お題目や目標は高々と掲げています。〈●読者の声に耳をすます新聞に〉という小見出しがついた文章では、〈私たちは読者の声に耳をすまし、時代に切り込む新聞をつくりたいと思います。質が高く、個性的で、独自性に富み、勢いのある紙面です〉と、目をキラキラさせて希望を語っています。

結構なことです。でも、夢を語るだけなら誰だってできます。こうしたい、ああなりたいと目標ばかり聞かされたって、具体的に何をするのかを言ってもらわなくては、信頼したいと思ったとしても、しようがありません。ふだんは役人やビジネスマン、議員などに向かって、とにかく具体的な説明を求めているのに、自らのことになると、ふわふわした願望や制度名を公表するだけで、詳細についてはちっとも語る気がみられないのです。

ちょっと細かいですが、〈読者代表の方々に、記事の良い点、至らぬ点などを丹念にお聞きしようと思っています〉という文章も気になります。なぜ〈……丹念にお聞きしようと思っています〉なのでしょうか。どうして「……丹念にお聞きします」ときっぱりと言えないのでしょうか。もしかすると、読者の声を聞こうかとも思っているけど、やっぱりやめるかもしれない、といった程度の計画ではないのかとも思えてきます。

考えようによっては、新制度の中身を読者に知らせる必要なんかない、と判断している可能性もあります。いろいろ言われると面倒だから、細かい方法については知らせたくない、という気持ちがあるのかもしれません。後日書くつもりなんだから、ちょっと待っててよ、ということなのかもしれません。そうであれば、そう明記すべきです。

何にしろ、読者の信頼を損ないこそすれ、回復に役立っているとはいえない内容です。

記事にはまた、記者教育の場として「朝日ジャーナリスト学校」なるものを創設するとの記述があります。しかしこれについても、具体的にどんなことをするのかといった説明はゼロです。読まされるほうにしてみれば、疑問と疑心が募るような内容です。

こんな告知記事を1面を割いて載せるなんて、朝日は根っこのところで感覚がズレているように思います。根っことは何かというと、読者との向き合い方です。読者と対等に、誠実に向き合う姿勢や心持ちが感じられないのです。

朝日に期待している人は少なくありません。社内ではなく、もっと読者を向いて再生を考えるべきです。
[PR]
by tmreij | 2005-12-27 23:11 | 本紙