2005年 12月 22日 ( 1 )

ジェンダー差別の解消には興味なし?

「ジェンダー」という用語が、来年度改定の男女共同参画基本計画に残る見通しとなりました。きょう(2005年12月22日)の朝日新聞朝刊は、政治・総合面の囲み記事で、この話題を取り上げています。

生物としての性別(セックス)に対し、社会的役割や文化的観点からみた性別がジェンダーです。性器による男女の区別はセックスですが、一家の主という言葉から男性を想定したり、秘書という肩書きで女性だと仮定したりするのは、ジェンダー(に基づいた発想)です。

自民党議員の一部は、このジェンダーという言葉があるために、男らしさや女らしさが否定され、行き過ぎた男女平等が学校で教えられているなどと主張。ジェンダーという表記の削除を求めていました。これに対し、猪口邦子・男女共同参画担当大臣は、ジェンダーを認識して批判的にみることと、性差を無視することは別だなどとし、この言葉の存続を訴えてました。

この日の記事は、基本計画の内閣府案が、ジェンダーという用語を残しているとともに、〈「(ジェンダーが)性差別、性別による固定的役割分担、偏見等につながっている場合もある」〉という記述を盛り込んでいると報告。猪口氏の主張が通ったことを伝えています。

と、ここまではいいのですが、直後に以下の記述が続いていて、びっくりします。

〈また(内閣府案は)、「性差を否定したり、男らしさ、女らしさや男女の区別をなくして人間の中性化を目指すこと、また、家族やひな祭り等の伝統文化を否定することは、国民が求める男女共同参画社会とは異なる」とした〉

ジェンダーは役割分担を押しつけたり偏見をあおったりすることもある、と警告したその舌も乾かぬうちに内閣府案は、男らしさや女らしさの区別をなくすことはけしからん、と言ってのけているのです。

この「男らしさ」「女らしさ」って、いったい何でしょう。絶対的な「男らしさ」「女らしさ」というものは、あるのでしょうか。仮に「男は度胸、女は愛嬌」といったことを意味しているのであれば、それはモロにジェンダーですし、それ以外の内容だとしても、「〜らしさ」なんてものは人や地域、時代によってまちまちなのですから、やっぱりジェンダーといえるはずです。

つまり内閣府案は、ジェンダーは偏見のもとだが、それでも尊重されるべきだ、と言っているのです。これは、ジェンダー(恣意的な男らしさ、女らしさ)による差別を解消しようなどとは、政府は本気では思ってはいないことを、明確に示しているのではないでしょうか。

それなのにこの日の記事は、内閣府案のでたらめぶりをチクリと刺すことさえせず、猪口氏からは〈「様々なご意見を謙虚に受け止め、計画実施の段階で生かしたい」〉といった生ぬるいコメントしか引き出していません。新聞のこうした体たらくが、非合理な性役割の押しつけや男女の不平等がなかなか無くならない理由のひとつになっているように思います。
[PR]
by tmreij | 2005-12-22 23:53 | 本紙