日本の得点はゼロとして考えるべきだ

サッカーのワールドカップで、日本がオーストラリアに負けました。きょう(2006年6月13日)の全国紙各紙は、朝刊と夕刊でこの敗戦を大きく報じています。

読んでいると、日本が弱いのは新聞の責任も相当大きいかも、という気がしてきました。

試合のスコアは1対3で、先制点を挙げたのは日本でした。しかし、その1点がひどい内容だったのは、テレビの中継やニュースを見た人には明らかだったはずです。中村のゴール前へのパス(シュートではない)を受けようと駆け込んだ柳沢と高原が、相手ゴールキーパーと衝突。キーパーがバランスを崩してボールをパンチ(またはキャッチ)し損ね、ボールはそのままゴールへと転がっていったのでした。

キーパーが思うように動けなければすぐ失点につながることから、キーパーとの激しい接触は故意でなくとも反則をとられるのがふつうです。その観点では、日本のプレーはファウルとされ、得点は認められなくても当然でした。きのうの試合の実質的なスコアは0対3だったといえるでしょう。

ところが、各紙の朝刊はそうした視点の記事はまったく載せていません。〈(得点は)必死の思いでもぎ取った幸運だった〉(毎日スポーツ面)、〈幸運な形で先制点を奪った〉(読売同)などと「幸運」で済ませるだけで、あの得点を疑問視する声はゼロです。反対に、〈(中村は)初めて出場した夢舞台で最高のW杯デビューを飾った〉(読売同)と、得点を積極的に評価している記事もあります。

夕刊になってやっと、〈「俊介ゴールは誤審」〉〈豪GKに主審語る?〉(読売)、〈日本のゴール判定 豪「主審『間違い』」〉(毎日)といった見出しの記事が出てきます。ただこれらも、日本の新聞が独自に冷静な視点で問題のプレーを分析したわけではなく、海外通信社の配信記事に寄りかかって、日本の得点は審判の誤審だったという見方があると伝えているだけ。この日の紙面でもっとも踏み込んだと思える記述は、〈「先制点はファウルと言われても仕方がなかった」〉(読売社会面)という審判の資格をもつ落語家(!)のコメントでした。

新聞がこんなにだらしないのは、審判の判定に敬意を払っているからというより(もし失点したのが日本だったら、各紙は審判批判の記事を載せたでしょうから)、惨敗したおらがチームに厳しいことはあまり書かないでおこうというアンプロフェッショナルな感覚があるからではないかと思います。そしてそのことが、選手および国民の目を現実からそらせ、ひいては日本のサッカーの成長を遅らせているようにも思います。

新聞が自国のチームに肩入れした報道をするのは、ある程度は仕方ないと思いますし、当然だとも言えるでしょう。ただ、かわいさ余って現実を直視せず、厳しい記事を避け、甘ったるい記事を書くようなことはすべきではありません。柳沢や高原のプレーはファウルだったはずで、中村の得点をまともな得点として扱うのは間違いです。

この日の各紙では、日本のキーパー川口の判断ミスを責める記事が目につきました。しかし個人的には、いくつかのファインプレーがあった川口を非難するより、0対3という試合結果にたち、まともなシュートは高原の1本ぐらいしかなかった日本の攻撃力のなさを厳しく指摘すべきだと思います。
[PR]
by tmreij | 2006-06-14 01:51 | 本紙


<< ジーコ監督のテレビ批判もちゃん... 「暗殺」も「巻き添え」も、気に... >>