「くだらない質問をするな」と言われて、それでいいの?

石原慎太郎・東京都知事が、特攻隊を題材とした映画の制作総指揮と脚本をするようです。きょう(2006年4月17日)の朝日新聞夕刊は、今月初めにあった制作発表会見の様子を、芸能欄で伝えています。

芸能欄の記事ですので、さらりと読み流すべきなのかもしれません。しかし、それにしてもあんまりではないかと、読んでいてちょっと腹が立ってきます。

理由その1。知事をやりながら映画の制作総指揮と脚本を担当するなんて、公務に影響は出ないのか。そういう疑問に答える記述が、まったくありません。

記者はこの点について、まったく疑問に思わなかったのでしょうか。石原氏は、地方公務員(特別職)でありながら、平日でも登庁せずに、雑誌や新聞、本などの原稿を書くなどしていることで知られています。そうした勤務ぶりに、記者のほうが慣れてしまい、問題意識が無くなってしまっているのでしょうか。

理由その2。〈石原知事は「監督から過激な発言はするな、と言われて自重している」と言いつつ、「最近の若い俳優は知らない。みんな同じに見える」と出演者を苦笑させたり、「くだらない質問をするな」と記者をしかったり〉という記述が出てくるのですが、いったいこれは、どんなつもりで書いているのでしょうか。

記者会見や取材の場では、聞いていてたしかに「くだらない質問だなあ」と感じさせる問いはあると思います。でも、石原氏のような地方公務員(特別職)に〈「くだらない質問をするな」〉と言わせるのは、よくありません。

そうやって、公務員や政治家たちが、何がくだらない質問で何がくだらなくない質問なのかを自分たちで選別し出すことは、とても危険です。都合のいいことだけ言い、しゃべりたくないことは〈「くだらない質問をするな」〉で済まそうとします。言論の自由と情報公開を推し進めるには、「くだらない質問」にも寛容であることが大事なはずです。

公務員としてではなく、私人として映画に携わるのから、〈「くだらない質問をするな」〉と言ったって問題はない、という考えもあるかもしれません。しかし、首相の発言がほぼ四六時中、公人の発言であるのと同様、東京都知事のような要職に就いている人の発言も、常に公人の発言ととらえるべきだと思います。今回の記事だって、「作家の石原慎太郎氏が制作総指揮と脚本を担当する……」などとは書かず、〈石原慎太郎・東京都知事が制作総指揮と脚本を担当する……〉と書いています。

今回の記事は、〈「くだらない質問をするな」と記者をしかったり〉した場面をあえて紹介することで、石原氏への批判の意味を込めたのかもしれません。芸能欄ですし、短い記事ですので、それぐらいが精いっぱいなのかもしれません。

ただ、石原氏に言わせっぱなしなのは、やっぱり気になります。公務への影響を検証するとともに、〈「くだらない質問をするな」〉発言の「落とし前」を、新聞はどこかできっちりつけるべきだと思います。石原氏は地方公務員(特別職)兼作家兼映画脚本家なんですから、芸能欄でやったっていいと思うのですが。
[PR]
by tmreij | 2006-04-17 23:30 | 本紙


<< イクラぐらいの健康被害がある(... 民主党の露骨な演出に手を貸すべ... >>