記録の提供を受けながら、記事にしなかったのはなぜ?

きょう(2006年4月12日)の全国紙各紙の夕刊は、高松塚古墳の壁画を文化庁の職員が誤って傷つけ、公表せずに補修していたことがわかった、と一斉に報じています。

文化庁が損傷の事実を公表していなかったため、各紙ともこの点を非難する内容になっています。もっとも力を込めているのが毎日で、1面と社会面で記事を展開。見出しにも、〈隠ぺい〉〈ひそかに修復〉〈強い不信感〉というキツイ言葉を並べています。

その毎日の記事には、いったいどういうこと? と疑問に思う記述が出てきます。疑問に思うといっても、文化庁に対してではなく、新聞に対してです。以下に、その記述を引用します。

〈同庁(文化庁)によると、壁画の損傷隠しの事実は石室内の記録書類に写真入りで記載していた。昨年夏、求めに応じて複数の新聞社だけに記録を提供したというが、積極的な発表はしなかった〉

なんと、損傷について情報を得ていた新聞が、すでに去年の夏の時点で、複数あったというのです。

新聞が文化庁に、〈「なぜ黙っていた」〉(毎日、社会面見出し)と怒りをぶつけたくなるのと同様、〈複数の新聞社〉の読者も、「なぜ報じない」と新聞に怒りをぶつけたくなるような話ではないでしょうか。

毎日の記事は、〈複数の新聞社〉がどこかということや、なぜ記事にならなかったのかといったことについては書いていません。朝日と読売はそもそも、複数の新聞が約1年前に情報を得ていたことについては、まったく触れていません。ですので、3紙を読む限り、これ以上のことはわかりません。

でもいったい、記録の提供を受けた〈複数の新聞社〉は、何をしていたのでしょうか。

考えられるのは、(1)提供された記録から損傷の事実を読み取れなかった(2)損傷の事実に気づいたが、ニュース価値がないと判断した(3)損傷の事実に気づき、ニュース価値もあると判断したが、何らかの理由で記事にしないことに決めた——といったことでしょう。

どの場合であっても、新聞にとっては深く恥じ入るべきことだと思います。もし(3)が理由で、しかも背景に政治的な配慮でもあれば、それ自体が大ニュースになり得るような話です。

新聞社の要請を受けて記録を提供していたからといって、文化庁が国宝の損傷という大きな出来事を進んで公表しなかったことが正当化されるわけではありません。やはり、損傷が起きた02年1月の時点で、文化庁はできるだけすみやかに発表すべきだったと思います。

ただ、複数の新聞が損傷についての情報提供を受けながら、どの新聞も記事にしていないというのは、このブログの筆者にとっては、国宝の損傷よりショッキングな話です。今回の毎日の記事を読んで、同じように、肝心のニュースより、新聞の体たらくに気を取られた人も少なくなかったのではないでしょうか。

どの業界にも「武士の情」のようなかばい合いがあるように、新聞業界にも他紙のミスや欠点をあえてえぐり出さない文化があります(もちろん問題によりますが)。ですので、今回書いてきたようなことも、うやむやのまま終わってしまう可能性が高いと思います。でも、毎日は、ここまで書いたのですから、読者に疑問を投げつけたままで放置せず、メディア欄などで、記事にならなかった経緯をフォローしてほしいと思います。

 ———

記録の提供を受けた〈複数の新聞社〉は損傷についてちゃんと記事にしたものの、それに全国紙がまったく気づかなかった、という可能性もあります。その場合、今回書いてきたことは、あまり意味をなさなくなります。すみません。ただ、そうなると今度は、全国紙(をはじめ主要な新聞)は何やってたんだ、ということになりますが。
[PR]
by tmreij | 2006-04-12 22:50 | 本紙


<< なぜ朝日新聞に取材しないのか 「可能性が高い」と「証明された... >>